野菜不足を改善

男女

野菜が取れない人に良い

青汁は、自分で作って飲むことができます。緑色の野菜を主にミキサーでブレンドし、ドリンク上にすることができればもうそれで青汁の完成です。緑色の野菜は、ケール、大麦若葉、大根の葉、明日菜などが主な材料といわれています。しかし人によっては、ほうれん草やサラダ菜を入れる人もいれば、ゆでたアスパラや青梗菜などを入れて混ぜる人もいます。そして野菜だけの味ではなかなかおいしく飲むことができないと感じる人は、青汁の中にリンゴジュースやオレンジジュース、またはブレンドするときに一緒にキウイやブドウなどのフルーツの果肉も加えることもあります。栄養他のある青汁なので、しっかりと野菜を取りたいと考える人に青汁は最適です。しかしミキサーを使って作るのは、なかなか時間のかかることです。仕事や学業、家事など作業に時間を取られる人は、青汁を飲みたくても作る時間が取れないこともあります。そのような人の場合は、粉末タイプやペーストタイプにされた青汁が販売されています。お湯やミルクで溶かすだけで失火とした青汁ができあがります。お湯やミルクを入れて作ることができれば、忙しい時間の合間に飲むことができます。なかなか野菜を食べることが少ない人に青汁は体に良く、摂取することによりビタミン類やミネラルなど豊富に体内へと吸収させることができます。しかし気を付けなければならないこともあります。いくら体に良い青汁とはいえ、飲みすぎには注意が必要です。栄養価が高いことで一気にたくさん摂取する人がいますが、そうすることで下痢を引き起こしてしまうこともあります。せいぜい1日に1敗か2杯程度が適量といわれています。